車酔いを防ぐコツ

車酔いしやすい人って、必ずいますよね。

そんな人のために車酔いを防ぐ7つのコツを伝授いたしましょう。

まず、乗り物酔いの薬と食事は30分くらい前に済ませておきましょう。

食べ過ぎはよくありませんが、空腹も酔いの原因となるので、普通の食事の量の6割程度に軽く済ませておきます。

車で座る位置は体の揺れが少ない位置を選びます。

一番いいのは助手席です。

後部座席なら運転手の後がベストです。

座ったら、腹部など体を締め付けないことです。

体を圧迫していると酔いやすくなります。

また、車の動きに逆らわない姿勢を取ることです。

体を揺れに任せて、カーブ、発進、急停車のときなどは大げさな動きをするくらいの方がいいです。

ただし、適度の緊張感も必要です。

適当なストレスは酔いの防止に役立ちます。

運転ができる人なら、運転を代わってもらってもいいでしょう。

目からの動揺刺激は酔いを促進してしまうので、本や地図を読むのはやめましょう。

車中の歌やおしゃべりには積極的に参加しましょう。

緊張感を和らげて、神経を歌やおしゃべりに向けることで、酔いへの恐怖や不安感がなくなるはず。

これでもう車酔いの不安ともサヨナラできますね!!