インターチェンジとは

「インターチェンジ」といえば、高速道路の出入り口と思っている人が多いのではないでしょうか。

しかし、もともとは一つの道路の他の道路との交差点での、立体的な接続施設の一般的名称のことです。

日本の学術用語としては、「立体接続部」と訳されています。

ですから、一般道でも交差部が立体化されて、ランプでつながっていれば、それは「インターチェンジ」と呼ばれるものなのです。

高速道路の出入り口だけを指す言葉ではないのです。

では、どうして日本では「インターチェンジ」を高速道路の出入り口だと認識するようになったのでしょう。

それは、高速道路が有料道路の場合、多の道路との接続点であるインターチェンジには必ず料金所が設けられ、そこで料金の受け払いやチェックが行われるため、「インターチェンジ=出入り口」というイメージが強くなってしまったものらしいのです。

ちょうど鉄道の駅と同じ感覚で捉えてしまったというわけです。

じつは、こうして「インターチェンジ」を高速道路の出入り口として認識しているというのは日本だけのことなのです。

外国ではそうしたケースは見られないんだそうですよ。

「インターチェンジ」は所属する道路の道路管理者が管理し、名称等を決定しています。